MENU

オランダ徒手療法

痛みを理解し、本当に必要なアプローチで問題を解決!

オランダ徒手療法とは、多角的な視点により組織レベルで病態を鑑別診断し、最適な治療・トレーニング手段をプログラムする一連の治療体形のことです。

POINT

オランダ徒手療法の3つのポイント

多角的な視点から
あらゆる仮説を立てて検証

根本原因に対する
幅広いアプローチ技術

なによりも“結果”を重視する
柔軟な治療法

FLOW

オランダ徒手療法の治療の流れ

1. 問診

オランダ徒手療法で最も重要なのが問診です。患者様の状況を丁寧に伺い、根本原因を特定していきます。

2. 仮説

問診で得た情報を基に、痛みとなる原因の仮説を立てていきます。
仮説を立てることで一人ひとりに合った最適な治療法やトレーニングプログラムを考えることができ、治り時期や復帰時期なども明確に提示することができます。

3. 治療、リハビリトレーニング

仮説をもとに組み立てた治療方法やリハビリ・トレーニングを実践します。
その効果から仮説の正しさを検証し、効果が低い場合は次の仮説を論理的に思考します。

1. 問診

オランダ徒手療法で最も重要なのが問診です。患者様の状況を丁寧に伺い、根本原因を特定していきます。

3. 治療、リハビリトレーニング

仮説をもとに組み立てた治療方法やリハビリ・トレーニングを実践します。
その効果から仮説の正しさを検証し、効果が低い場合は次の仮説を論理的に思考します。

2. 仮説

問診で得た情報を基に、痛みとなる原因の仮説を立てていきます。
仮説を立てることで一人ひとりに合った最適な治療法やトレーニングプログラムを考えることができ、治り時期や復帰時期なども明確に提示することができます。

しっかりと治療効果(=結果)に向き合った治療法
それがオランダ徒手療法の特徴です

Copyright ©志水接骨院. All Rights Reserved.